〜楽〜 自然と共に

アクセスカウンタ

zoom RSS ツインソウル

<<   作成日時 : 2010/04/01 00:21   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 5

一年ほど前の話です。
周りの友達にはすでに伝えていますが、改めてより多くの人に伝わればいいなと思いブログに載せることにしました。

先日のブログで紹介した本「リ・メンバー」には、人は人生のゲームボードに上に、自分の故郷や本来の自分を思い出すためのクリスタルを置いてくる、と書いてありました。 

それが本当なら、ツインソウルに出会うという出来事はまさにそれだと思います。
自分がそれを設定をし、最善な場所やタイミングは目に見えない存在がサポートしてくれたように感じました。

スピリチュアルに興味を持ち始めてから、シンクロ、ソウルメイトなどについて理解はするようになりましたが、これほどわかりやすく、エキサイティングなことを自分が体験するとは思ってもみませんでした。


ツインソウルとは

双子の魂のこと.....
一つの魂がより多くの体験をするために分かれたと言われています。



私は一昨年の冬、石垣島の民宿で住み込みのアルバイトをしながら2ヶ月間滞在していました。

ある日、街の本屋で越智啓子さんの本「ツインソウル」が目につきました。

ツインソウルという言葉は知っていましたが、それほど気になったことは一度もありませんでした。
でもなんとなくその本を買いました。

ユーモアや体験談を交えながらの読みやすい本で、すぐに読み終えました。

ツインソウルか...出会えたらいいな〜ぐらいの感想で、その時は正直自分にはあまり関係ないと思っていました。


石垣島は、他の離島の観光の拠点としても便利な島です。フェリーで1時間以内で行ける島がいくつもあり、どの島もそれぞれ魅力的です

お休みの前日にふと、どこかの島に行こうかなと思いついて、離島のガイドブックをパラパラと見ていました。
(竹富島にはそれまでに2回行ったことがあるので、今回は行かないだろうと思っていましたが)竹富島の民宿N荘の写真付きの広告ページが目にとまり、Nさんに会いに行こう!と思ったのです。

画像












竹富島



Nさんとは、N荘のおかあさんであり、ユタ(島の神聖な場所を守ったりする、神主さんのような人)です。個人的な知り合いではありません。
でもDVDで見たことがあり、知っていました。
「謎の沖縄海底遺跡」というドキュメンタリーDVDで、与那国島と竹富島に関連する話の時に、Nさんがユタになるまでの不思議な出来事や、ユタとしての役目が紹介されていました。
それまでそのDVDのことを思い出したり、Nさんに実際に会おうと思ったことはなかったけど、この時は素直に自分の感覚に従うことにしました。

休みの日の朝に石垣港からフェリーに乗り、竹富島へ向かいました。
10分で着きます。
近いけれども石垣島とは全然違う雰囲気の小さな島で、赤瓦の家々が並ぶ町並保存地区もあります。

レンタサイクルで回る観光客が多いですが、私は徒歩で回りました。
御獄(うたき:沖縄の神聖な場所で中には入れません)に行ったり、心のおもむくままに散策したり、写真を撮ったり、海でぼ〜っとして午前中を過ごしました。

午後になり、Nさんに会おうとN荘の前を通りました。
Nさんらしき人を発見しましたが、宿泊客の方々とお話をしていたのと、石垣で囲まれている敷地に入っていくのには勇気がなく、しばらく様子をうかがいながらそのあたりを行ったり来たりしました (かなり怪しい)笑

そして、もうちょっと後にまた来ようと思い、ニーラン石がある近くのビーチに向かいました。

ニーラン石
画像



















ちなみにニーラン石のこともDVDで知りました。
神聖な石とされていて、この石の前でユタ達がニライカナイ(神の住む理想郷)から神様を迎え入れて、豊作を願う行事を行います。
(その行事の時に白いサギがやってくると豊作の合図だそうです。)

ニライカナイ...「願いかなう」の意味があるとも言われている言葉
私はこの言葉の響きがとても好きです。


この海の向こうにニライカナイがあること(実際には与那国島があります)を考えながら。しばらくこの石の前に座って、海を眺めていました。

観光客がよく行くビーチからは少し離れているので、人はあまり通りません。
30分ぐらいの間に、二人組の観光客が挨拶を交わして私の後ろを通り過ぎました。

少しして、一人の女性がやってきました。
目が合って、挨拶をしました。
ニーラン石が気になったみたいで「この石は何か意味があるんですか?」って私に話しかけてきたので、近くに説明書きがあることを伝え、その後ニーラン石の前に一緒に座ってお話をしました。

初めて見た時「知っている」と思いました。すごく親しみもわきました。
その女性も同じことを感じていたようです。

「初めてあった気がしませんね」
「会ったことありましたっけ?」

スピリチュアルな話をしても大丈夫ですか?なんて確認する必要もなく
「過去生であってるかもしれないですね」
っていうような会話が普通に進んでいきました。

お互いの事や、この島に来た目的も話しました。
偶然...というより必然ですが、この女性もNさんに会いたくてN荘に泊まっていて、翌日には他の島へ行ってしまうということもわかりました。
まさにこの日に、この場所でお互いが出会う為に、竹富島に来たようです。
なんだか、幸せな、不思議な時間でした。

しかも、ツインが再会したよ、というサインのように、2匹のサギがあらわれたのです。すごく印象に残る光景でした。
画像




















40分ぐらい話した後、帰りのフェリーの時間もあるので、Nさんとお話しにいくためにお別れしました。

私はあまり後悔するタイプではありませんが、この時ばかりはものすごく後悔しました。
「メールアドレスでも聞いておけばよかった...」
「私もN荘に泊まることにしておけばよかった...」

気をとりなおして、N荘へ。
Nさんが猫に餌をあげていました。
「こんにちわ。DVDでNさんのこと知りました。お話させてもらってもいいですか?」って話かけました。
快く承諾してくれました。
Nさんがユタになるまでの不思議な体験を聞かせていただいたり、素敵な言葉をいっぱいいただきました。
「私は何も聞こえないし、見えないのよ、でもなんとなくわかるの、感じるの」
「もっと自分の感覚を信頼したらいいのよ」
私はこの言葉を聞きにいったのかもしれません。

名残りおしかったですが、帰りの時間になりました。

帰り際にいいことを思いつきました。
Nさんにお願いして、この宿にとまっている、ニーラン石の前で会った女性に、私のメールアドレスと名前を書いたメモを渡してもらうようにお願いして帰りました。

そして彼女とメールするようになりました。

彼女の親友ふたりと私の誕生日が同じなこと、今までに旅をした国、経歴、そして沖縄が好き...共通点が多いのです。
そして何よりも彼女と私の名前が漢字まで同じ。名字のイニシャルも同じでした。

彼女は同じ名前だった過去生があり(その時にやり残していた事があり)、それを忘れないようにまた同じ名前を選んで来たそうで、自分の名前に強い思い入れがあるようでした。
一方私は、自分の名前に思い入れもなく、正直好きでもなく、名前と自分の存在が全然一致していないような感覚が小さい時からありました。
でも彼女と出会ってから、もしかしたら彼女とツインソウルであるということをわかりやすくするためにこの名前を選んだのかもしれないと思うようになりました。



石垣島から帰ってしばらくして、彼女が私の住んでいる名古屋に遊びに来てくれました。
そして家に泊まり、私の友達も交えて2日間一緒に遊びました。
普通、旅行先で少し話をして、メールだけしている人を家には泊めないかもしれません。でも、不安とか緊張とか一切なく、ほんとうに素直に泊まっていって欲しかったのです。

2度目の再会、目を見て話していると、自分を見ているような不思議な感覚におちいりました。
顔のバーツとかは全然違うので、理論では説明できないのですが、「自分」を見ているように錯覚するのです。
これは今までに感じたことのない感覚でした。

再会して、「ツインソウルだと思う.....」が、「絶対私たちはツインだ」という確信に変わりました。

ツインソウルに出会われている方は、わかるかもしれませんが、ツインソウルには他の人には感じない、言葉では言いあらわせない、特別なものを感じるのです。

ツインソウルと出会えた奇跡、そこに至るまでのわかりやすいシンクロ....そしてそれを自分自身が体験できたこと... 感謝の気持ちがいっぱいで、感動して涙が出てきました。私達を繋げてくれたすべての存在、そして愛しい沖縄に感謝です。
私達のちっぽけな思考では理解しきれないもの、大いなるものの存在を心の底から信じることができた素晴らしい体験でした。


ツインソウルとは人生で必ず出会うそうです。
異性であることが多いようですが、同性のこともあります。
お互いが魅かれる場所で出会うことが多く、人生の進路を変更するような重要な一言をもらうだけだったり、結婚して長い間共に過ごすこともあったり、人それぞれなようです。
そして、わかりやすいように、共通点が多かったり、シンクロも起こるようです。

皆さんもすでに出会っているかもしれないし、これから出会うかもしれません。
なんとなく思い当たる人がいるかもしれません。
「誰が自分のツインソウルなのか」
誰かが答えをくれるわけでもないし、誰かから言われても正解かどうかはわかりません。私は(彼女も)自分の中で確信があるだけです。
Nさんの言葉をかりるなら、まさに「自分の感覚を信頼する」ことなのかもしれません


ツインソウル
主婦の友社
越智 啓子

ユーザレビュー:
この手の著書を購読す ...
不思議なツインソウル ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツインソウル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
沖縄デー
沖縄好きの方、お祭り好きな方にお知らせです{%音符webry%} ...続きを見る
〜楽〜 自然と共に
2010/08/16 02:16
越智啓子さん講演会 in 名古屋
先日、りすちゃんと一緒に、名古屋デザインホールで行われた越智啓子さん(沖縄在住の精神科医、ヒーラー)の講演会に行って来ました。 ...続きを見る
〜楽〜 自然と共に
2010/09/26 16:21
ブログで繋がる
ちょくちょくブログをのぞいて下さる方々、そして検索してたら偶然このブログにたどり着いた方々、ありがとうございます{%感謝(チカチカ)hdeco%} ...続きを見る
〜楽〜 自然と共に
2010/11/13 00:45
ソウルメイトリーディングとは
ソウルメイトリーディングとは、深い瞑想状態に入った後に、光の世界であるアカシック・レコードに行き、そこに存在するデータからソウル… ...続きを見る
ソウルメイトnet
2010/12/13 10:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりのコメント☆

なんだか読んでたら、ワクワクしてきた〜(≧∇≦)
ひめ☆
2010/04/01 01:33
おひさしぶりです!
読んでいたら、幸せな気持ちになりました。
素敵なお話、ありがとうございます!
ようこ
2010/04/01 10:55
姫、久々コメントありがとう姫はもうツインと出会ってるのかな〜

ようこさん、コメントありがとう
ほんとにお久しぶりです
もしかしたら18日に会えるかも?です
陽子さんのお野菜食べたいな

UNO
2010/04/01 22:02
惹きこまれるようだった(*^_^*)
ツインソウルって異性の場合が多いって言うのも、目から鱗でした。
私は、未だ、そういう感覚がないので、これからかなっ。楽しみヽ(´∀`)ノ .:。+゜
セレス
2010/04/01 23:04
セレスちゃんコメントありがとう
確かにセレスちゃんは、これから出会いそうだよね〜
UNO
2010/04/05 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツインソウル 〜楽〜 自然と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる