〜楽〜 自然と共に

アクセスカウンタ

zoom RSS 神域セミナー〜厳島編〜

<<   作成日時 : 2011/10/02 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月29、30日 いなさんの神域セミナーで厳島神社(宮島)・出雲へ行ってきました。

早朝、の新幹線で広島へ。
メンバーはチケットの手配や予約をしてくれた3期生のセレッち、うっちー、そして1期のコメちゃん、角ピー、ともちんです。

広島から在来線に乗り換え宮島口に到着。
そこから5分ぐらい歩いてフェリー乗り場へ。

いなさん含め、合計22名が現地集合しました。
(22がどうやらキーワードの数字みたい・・何度か宮島で見た)


乗船後5〜10分で、宮島へ到着です。
画像


やはり日本の誇る世界遺産、観光客が多いです。
しかも、とっても外国人が多い・・・京都や奈良よりも割合高いかも。


個人的に、宮島は以前yuthikaちんと来たことがあり、今回2回目。
その時は泊まりでゆっくりと宮島を堪能したので、結構記憶が残っていました。
美味しかった食べ物とか・・・(笑)


それにしても、やはり宮島といえば鹿
だいたい、こんな表情の子たちが多い(笑)↓
画像



鹿に迫られるセレッち↓ 「食べ物 無いよ〜!」と説得中
画像

鹿のおしりって意外と可愛いい〜

宮島のシンボル、大鳥居
画像



大鳥居を通り過ぎ、まずは弥山へ行くためのロープーウェイ乗り場に向かいますが、拝殿付近に来てみてびっくり!
拝殿水没、参拝禁止です。
台風でもないのにこんなに水位があがることはめったにないそうです。

ヘリが何台も上空を飛び、TVカメラが来ていた理由がわかりました・・・。
神社水没で参拝不可!?webry%}
画像

台風でもないのに、水位が異常になるのはめったにないことらしいです。

メンバーが恩恵を受け取る気満々で来たので、水も満々!!
(もしくは、いなさんがやった?笑) 恩恵です


そんな社殿を通りすぎて、ロープーウェイ乗り場へ。
弥山の途中までロープーウェイで登っていき、そこから山頂へは徒歩で30〜40分かけて行きます。


山頂からの眺め
画像

これはきっと、神々の視点なんだな〜と思いました。
そして自分も空を飛びながらこんな光景を見てたんだろうな〜という根拠のない自身がわきあがってきました(笑)

山頂からの雄大な眺めを堪能した後は、厳島神社の奥宮「弥山神社」に行きました。
画像


それぞれ、ここの素晴らしさを感じながら20分ぐらい過ごしました。

ちなみに、とても心地のいい風をあびながら、ここで私が感じたメッセージは
「喜びに意識を向けなさい」でした

この後再びロープーウェイに乗って山を降りましたが、その時にはもう水が引いていて、厳島神社を参拝することが出来ました。

朱塗りの柱に囲まれた回廊を歩いていると、袴?のような姿で速足で歩いていた過去生の誰かの感覚になりました。(笑) 平家の誰かか、おかかえ陰陽師?(笑)


大鳥居のあたりも潮がひいていたので、近くまで行きたい人は歩いて行けます。
画像



結婚式の場面にも出会いました
画像



参拝の後は、次なる目的地、出雲が待っているので、ゆっくりお土産見たりする時間は特になかったのですが・・・私とコメちゃんは、買い食いする気まんまん!
「フェリー乗り場に戻る間に、手早く食べたいものを買って、食べながら歩く作戦」を実行すべく、お店に目を光らせながら歩く!笑
ちなみに、うっち〜は「カキとビール〜」と何度もつぶやいてた〜(笑)

私は念願の「あげもみじまんじゅう」チーズ味と、「もみじまんじゅうアイス」抹茶味をゲット

焼きガキを食べてる人達もいました。
私はカキ苦手ですが、カキ好きにはきっとたまらないんでしょうね

広島風お好み焼きは逃したけど、とりあえずあげもみじを食べれて良かった〜


帰りのフェリーから眺めた空↓
画像


宮島口フェリー乗り場に戻ると、いなさんが手配した専用バスが待っていてくれました。
熊野の時もそうでしたが、またバスにはクローバーのマーク(笑)
幸せなバスと、とても良い人だった運転手(まの さん)の運転で次の目的地、出雲に向かいます。

出雲編へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神域セミナー〜厳島編〜 〜楽〜 自然と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる