〜楽〜 自然と共に

アクセスカウンタ

zoom RSS 戸隠 開山

<<   作成日時 : 2011/04/23 17:57   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今月中に白山か元伊勢の神社に行きたいな〜と秘かに思っていたのですが、いなさんと神社のことをお話してた流れで、戸隠が選択肢の一つとして浮上しました。

戸隠神社は長野県の山奥にあるので、冬季は雪が多く閉山になるのですが、調べてみたら今月19日に開山されていることがわかりました。
(車道は大丈夫だけど、まだ参道には雪が残っている)

冬の間しっかり雪で浄化されているので、開山直後はいつもに増して研ぎ澄まされているに違いありません。

このタイミングといい、やっぱり戸隠にしよう!と、行き先は自分の中で決定しました。
そして行くとしたら、今日(22日)にしようかな〜とあいまいに決めていていましたが、その週は仕事が忙しい&連勤に加えて、身体が妙にだるいし、(私にはとっては珍しく)食欲もない日が数日続きました。

関節も痛いし、これはちょっとおかしいなと思って熱をはかってみたら38度近い。
久々に熱が出て、びっくり! 浄化だ〜。
( ここ数年、熱を出すことがなかったので、症状を忘れてて発見が遅くなりました(笑) )

そんな感じで身体が不調だったので、今日行けるかどうかわからない状況でした。

「行けるかも」と判断してから、戸隠に一緒に行くといいかもな〜という人達に声をかけてみましたが、急だった事もあり誰ともタイミング合わず。
これもきっと必然です。一人で行ってきました。

以前いなさんに、(神社の参拝は)「本気の時は一人です」と言われたのを思い出した。
本気で行きなさい ということだったんだろうなぁ・・・。


夜中の1時ぐらいに出発したいと思ってたんだけど、仕事から帰ってごはん食べおわったのが21時半ぐらいだったかな・・・。
お風呂入って、2〜3時間ぐらい寝たいなと思ってたけど、身体だるくて疲れてるし・・やっぱり行くのやめようかな・・なんて迷い出したのでチャキチャキと動けず。
結局こたつ(いまだに活躍中)で横になったままウトウト。
ハッと気付けば1時過ぎ・・・出発予定時刻過ぎてるし、お風呂もまだだし やっぱりやめようかな〜と一瞬思った。
だけど意外にも「こたつでウトウト」のわりには身体がスッキリしているのを感じたので、早朝に着けなくてもいいから行こう!と決めて準備開始。

結局出発は2時半近くになりました。
今日も毎回おなじみの「ひたすら下道」で行きます
(もし高速を使うとしても、100キロ以上だすと車がブレるから恐ろしいので・・どちらにしても、できればあまり乗りたくないな〜)

約300キロの道のり、休憩もせずひたすら向かいます。
いつもは長野市の中心部のあたりを抜けて戸隠に着いたはずですが、今回はいつもと違う道をナビに案内されました。
案内されたから従ったけど、見覚えのない山道。
長野市の街中を通らず、だいぶ手前から山道に入り、いつも通る山道の途中に合流するコースだったことが、通ってから判明。
相変わらず、ナビさん山道に導くの好きだわ・・・慣れてるからもう驚かないけど(笑)

しかも山道を通る時は、とっくに夜が明けていたので怖くありませんでした。
(白山や熊野の山道に比べると短いし、(白山に行く時の真夜中)岐阜の本気の山道で迷った時、ものすごい怖かったので免疫もつきました笑)
逆に、まだ頂に雪の残る山々を近くに見れたので、良かったかも!?


さて、8時過ぎぐらいに戸隠神社奥社に到着しました。
駐車場や道路に雪はないけど、周りにはまだ雪がしっかり残っています。

いつもはもう少し早い時間に来るし、昨年テレビで紹介されてから人が増えたと聞いていたので、混んでいるのを覚悟していましたが、車は5台ぐらいしかとまってなかった。
この時期の戸隠・・・まだあまり人が来ないのかな?

駐車場にあるトイレにいってから(これは重要です)、参道入口へ向かいました。
すると私より少し前に参道に向かっていた、、女性2人組の叫びが聞こえてきた(笑)
「キャ〜!!」

セリフにはなってなかったけど、意訳するなら「すごい雪が残ってる〜!!」だと思う(笑)

鳥居のすぐ近くから、雪が残っていました。
画像


人が通らない所は特に、まだしっかり雪が積もってます
画像


以前、登山用に買った防水のシューズが、今回役に立ちました
溝がしっかりしてるこの靴でも、滑るといえば滑る。
ちなみに先に行くほど、雪がいっぱい残っていて、階段とかがわからない・・・というか埋もれてる(笑)


新緑や、夏の戸隠も素敵だけど、初めて見る雪の戸隠も、雰囲気が違ってこれまた素敵でした
天気など何も気にせず、傘の用意もしてこなかったけど、晴れていて光が綺麗
気持ちいい
そしていつもにまして、細胞がプツプツと反応します。


写真を撮ったりしながら歩いているうちに、先の女性二人組は見えなくなり、拝殿の近くにたどり着くまでに、後ろから誰も来ず、前からも誰も来ず・・・贅沢にも、本当に一人の世界でした。
鳥の声と、風の音・・・自然との一体感を感じました。

そして、その美しい自然の中を歩いていたら、涙がこみ上げて来ました・・・。
自然のように純粋に、自分も宇宙創造主の一部として、誰と比べたりすることもなく、否定することもなく、ただただ自分自身の本来持っている魂の輝きを発揮していきたい。心の底から思いました。
私の魂がそれを望んでいることを、思い出したという感覚に近いです。
まるで出雲の神域セミナーで泣いた時のように、しみじみと奥からこみ上げてくる涙でした。

画像



先へ進む程、雪の量が増えて来ました。
止まって写真を撮ったり、滑るのでゆっくり進むこと1時間?それ以上かな?
拝殿に到着。
ささっと歩けばそんなに時間はかからないんだろうけど、戸隠はいつも時間がかかります(笑)

拝殿の近くで、人と会った・・・とは言っても3組ぐらい。参拝を終えて帰る人達。

拝殿もいつもとは全く違って見えました。
階段のある場所とか、わからない(笑)
画像


人はすぐにいなくなり、一人でゆっくり参拝できました。
ちなみに戸隠奥社の主神は、天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)、天の岩戸開きの神。
開きたいという意志力を授けて頂けます。

いなさんに戸隠にいることをメールしたら、祈りについてのアドバイスもいただけたので、それもふまえてじっくり祈りました。

参拝後、拝殿正面から遠くの山を眺め、写真を撮ろうとしてカメラをのぞいたら・・・・
予想外の出来ごとにびっくりして「ぅわっ〜」と思わず声が出た 
そして、また泣いた(笑)

拝殿前から見上げる空には、まん丸の日輪 {%嬉(チカチカ)hdeco%
祈りが通じて、答えを頂けたと感じ、とても感動しました。

写メは下の半分です。
画像



拝殿前で過ごすこと20〜30分。誰も来ない(笑)
本当に贅沢な時間でした。

ひとしきり写真を撮り終えた頃、ヒールの靴を履いたお姉さんが、ずるずる滑りながら到着。(笑)
思わずお話しました&日輪が出てることもお伝えしました。

「完全に靴選びをまちがえた〜」と関西よりのイントネーションでしゃべってた。
「その靴でよくここまで来れましたね」って言ったら、「こうなったら意地です」と(笑)

日輪を見るのは初めてだそう。
「よく見つけましたね」と言われました。
意外とみんな、太陽とか空とか見ないのかな・・・??


その後、おみくじを引きました。
ここは年齢を伝えて、神主様から頂きます。

ちなみに先月大神神社でおみくじを引いた時は、常に心を平らに、心も言葉も素直に、神に感謝していれば幸せになるというような内容でしたが、今回も似たような感じで、ひかえめに、心を柔和に保てば吉に向かうという内容でした。

おみくじを引いてから 帰りました。
10時半とか11時ぐらいだったのかな?
突然人が増え始めました。写真か登山か何かの同好会みたいなグループや、中国人のグループ、何組もの人達とすれ違いました。
なんだか、いいタイミングで参拝出来たようです。


奥社参拝の後は、中社で参拝。
人も少ない・・・ひっそりしてました。
まだ周りの商店も閉まっているところが多かったです。

開いていた商店で、戸隠そばと、最近お気に入りのそば茶を購入。

帰りはおやきを食べたり、道の駅にふらっと立ち寄ったりしながらゆっくり帰りました。

さすがに仕事連勤&体調不良あけ、そして寝不足だったので、運転がかなりキツかった
眠気が激しく襲ってきて、意識がもうろうとしてきた・・・多分1秒ぐらい寝たのかな、何度かガクっとなった・・・無事に帰れてよかったわ。

今回が初めてではないけれど、日帰りで12時間ぐらい運転した強行スケジュール。
かなり疲れたけど、このタイミングで戸隠に参拝し、素晴らしい体験ができたこと、
とても幸せに思います。 感謝

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戸隠 開山 〜楽〜 自然と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる