〜楽〜 自然と共に

アクセスカウンタ

zoom RSS くくりをほどく

<<   作成日時 : 2011/01/16 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月はスピ講座をお休みしようかと思ってました。
頭がいっぱいで、自我でぐるぐるで・・・一回離れたくなった。

選択は自由。その選択に、正しいも正しくないも ない、もちろん強制もされない。

だけど、自分に向きあいきれなくて・・・・というか自我に向き合い過ぎて(笑)
いろんなものから逃げたかった。
いろんな理由をつけて、講座にも行かないでおこうとした。

1回ぐらい行かなくても、特に問題はないかもしれない。

だけど、私にとっては、今まさに 大きな岐路。
おおげさに聞こえるだろうけど、自我にのまれながらも、そう感じる自分もちょっとだけ残ってた・・・。


例えるなら、どうやら私は、今までの何万年もの間の先祖・過去生の決める「人生とはこういうものだ」「幸せとはこういうものだ」というパターンの延長線から、小さな山の頂上をめざすのか、先祖・過去生が未だ見たことのない、ヒマラヤの頂上に向かって行く道を選ぶかの岐路らしい。

ぐるぐるになりながらも、講座に行かないという自分の選択にすっきりしきれなかったので、とにかくやっぱり行くことにした。

久しぶりの日曜日の講座。(平日と週末に1回ずつ設定日がある)
いつものように車で家を出発したら、雪がちらほら。
雪といえば、スピリチュアル的な解釈では、カルマの解消をサポートしてくれるものを意味します。
ラッキーです。

ところが、積もらないだろうな〜なんて甘くみていた雪が、あっというまに激しくなってきた・・・。
車のまま行くと、講座から帰ってこれないかも!?と思い、電車にしようかと思ったけど、家に一回引き返してからまた駅まで歩くと間に合わない。

ということで、急行が止まる駅の近くのパーキングに車を停め、電車に飛びのり、開始時間5分前ぐらいに到着。
玄関で挨拶したあと、いなさんの口からは 「今日は今から3期の講座なんですよ」 のお言葉。
私は1期なので、「あれ?今日1期ですよね?」と確認。
「とりあえず、どうぞ〜」ということで、とりあえず着席。

確かにメールでは日にちは今日になっていました。
どうやら、それからまた変更になったらしいのですが、いつも日曜に来ない人には特に連絡が行ってなかったみたいです。

私は今日、家を出る前に「今日の講座に行きます」ってメールをしたし、事前にも日曜日に行くかもとメールをしていました。
いなさんが、それを見たか見ていないかはわかりませんが、どちらにしても私には今回の3期生の講座の中でいなさんが話す内容を再確認する必要があったし、それをいなさんもわかっていて、あえてこの流れにしたのでしょう。

ということで、3期の方3名に紛れて、講座を受けて来ました。
メンバーが違えば、雰囲気も全然違います。
どちらかというと、いつもの1期の講座より、今日はリラックスムード?
単に自我が抵抗してて、眠かっただけかもしれないけど(笑)

今月に入ってから、ほんとにぐるぐるで、エネルギーをガクンと落としていましたが
(いなさんにもバレバレで、思い切り指摘されましたが)、
ぐるぐるになって過ごした ここ数週間の間、自分が大事に持ち続けてきたパターン、思い込みが嫌というほどわかりました。
わかるからこそ、そんなパターンを持ってる自分に、自己嫌悪になり、責めて、グルグルになる・・・。


でも、自分の先祖や過去生にないパターンをこれから作っていこうとしているのだから、抵抗も大きくて当たり前。
ただ、出てきた自我を癒して、自分を責めることなく、これからはそれを止めます、とまた決めればいい。

抜け出す方法の知識はありながらも、実体験を通じて、腹に落ちるまで、何度も経験・確認する機会がやってくるんだな・・・。

みごとにそれをやっていました。
もちろんこらからもするんだろう、いい時も悪いときもあるから。

だけど、今回特にやめようと気付けたのは、自分を責めること、自分を愛せない理由を探すこと。

ここ数週間エネルギーを落としまくって、ぐるぐるになった自分を責めるのをやめます。

今までの経験、パターンに無いものを選ぼうとするのは、とっても怖かったから・・。
そして、それが怖くて、恐怖の塊になって怯えていた自分の弱さも受け入れます。

弱い自分を責めたり、出来ていないこと責めて、無価値観を増やすパターンはもうやめたい。
ジャッジせず、迷いさまよった自分を許して、この経験に感謝して、進みたい。

私はヒマラヤ頂上を目指して歩いたこともないし、ヒマラヤの頂上に達したこともない。

向かう途中の困難もわからない。

人生、「先がわからないから面白い」っていうのもわかる。
だけど「先がわかってしまって、面白くなかった」という経験がない私には、わからないことは不安にもなる。
その不安や恐怖に、いかに焦点をあわせずに、今の幸せと、その先のさらに大きな幸せに焦点を合わせるか・・・。

ぐるぐるになって、色々経験して、だんだん上手く出来るようになっていくのかな?

もちろん人それぞれ目指す頂上は違います。

私は生まれる前に決めた「目指す頂上」を思い出したわけではないし、目指す頂上を自由に設定することも出来ます。

それをよりはっきりしたものすることが私の課題ではあるのだけど、少なくとも「今までに登った山」にまた今生登ることをが一番の目標ではないことはわかりました。

登ったことのない山の頂上に達する時の喜び、それは想像を超えているんだろうな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
くくりをほどく 〜楽〜 自然と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる