〜楽〜 自然と共に

アクセスカウンタ

zoom RSS すべては1つ

<<   作成日時 : 2011/01/26 02:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、以前の記事「叡智が詰まった本」で紹介した、ドランヴァロ・メルキゼデク著の「フラワー・オブ・ライフ」1,2巻を2回読みました。

ちなみにタイトルの「フラワー・オブ・ライフ」とは神聖幾何学のこと。
ギリシャではヘルメス、エジプトではトートも呼ばれていた神からの情報、叡智が詰まっている本です。
私達すべての生物、宇宙の根源について書かれています。
そして(この3次元の世界では忘れてしまっていますが)私達の深いレベルでは本来知っている情報でもあります。

1回目に読んだ時は難しくてスルーしてしまったところが多かったので、もう1度読みました。(笑)

図形とか、数学的説明は読んでも意味がわからなかったけど一応読みました(笑)
(全部読むことで、右脳と左脳(男性的・女性的な面)が統合され、思考と感覚のバランスが取れるようです)

何度読んでも「はい、じゃぁ説明して」と言われると、出来ない自信がある
だけど、なんとな〜く内容はつかめました。
何度も読むと、もっともっとわかる本なんだと思う。

今は1巻がネットでは手に入らない様子です・・・しかも、この本は「タイミングが合わないと読めない」という印象が強いのですが、お薦めしたい本です。
(前にも言いましたが、私のように理数系苦手な人にはとにかく難しい。覚悟の上でどうぞ 笑)


先日、Yuthikatちんが家に遊びに来て、この本をペラペラ見ていた時に「わ〜!!」と突然叫びました(笑)
彼女がオーラソーマで使うために考えたオリジナルシートの表の一部が「フラワー・オブ・ライフ」の中の、ある解説図の中にそのまま出ていてんです かなりテンションアップ
じゃあ、違う表もあてはまるんじゃない?と ノリノリになって、二人で あ〜だこ〜だ と言いながらその表を、本にのっている色んな解説図と見比べていたら、フラワー・オブ・ライフの違う解説図にしっかり当てはまってた!!(笑)
この時の感動と言ったら・・うまく表現できません(笑)

そのあとさらに突き詰めて見ていたら、2つの表もリンクしていました・・・完璧に調和のとれたフラワー・オブ・ライフと比べると、シートの大きさの都合などで、大きさのズレはありましたが、フラワー・オブ・ライフを意識して作ったわけではないのにかなりの精度

「調和を意識してたら、この表になった」というyuthikaちん。
無意識にその法則に繋がって書いていたところが恐るべし(笑)

著者が、「書いてみることで理解が深まる」と言っていた意味が、わかりました。
表を実際に書いたyuthikaちんは、なんだか妙に理解が早くて、「なんとなくわかる」感が強かったから。

そして、いきなりyuthikaちんから、悟りの一言 が降臨

「すべては愛なんだね」

ほんとにそうだね!と素直に思いました。

なぜなら、その1週間ほど前に、それを感じる出来事があったからです。
「とにかく思いつくことをどんどん紙に書く」というワークをした時に、(私の場合)最初のうちは恨みつらみ、自己否定、文句ばかり書いていて、それがある程度出切ると、「〜したい」とか願望に変わってきてました。
そして、それが出切ったあとの言葉は、自分の予測を超えたものでした。
「早く気づいて、私は本当は愛なんだから」「他の人も全てがそう」
この言葉しか出てこなくなりました。


すべては愛であり光。本質はとてもシンプル.
シンプルなものが重なりあっていて、複雑に見えたり、違うものに見えるけど、すべての大元は1つなのです。
「すべては1つ」って昔からよく聞いてはいたけど、フラワー・オブ・ライフを読んで、こういった出来事を通じて意識に深く入った・・・。
思い出したと言ったほうがいいかもしれませんが。


そして、フラワー・オブ・ライフ、それに関連する六ぼう星、(立体化した)マカバを日々もっと意識したり、活用したりすることが大切で、パワフルだと感じました。
自分、宇宙、すべての本質に意識して繋がることだから、さらに宇宙の流れに沿って調和、発展しいけそう。



さてその後、私は「ハトホルの書」を読みました。

私がこの本を買ったのはだいぶ昔のこと。
なんだかよくわからないけど、魅かれて買った本です。
当時読んで、たぶんそれからずっと眠ってたけど、私はフラワー・オブ・ライフの中で出てきたハトホルの像の写真を見て大泣きをしたことで、ハトホルが気になり、本があることも思い出しました。
今Amazonには中古しか出ていないから、まだどこかで新品が買えるかどうかわかりません・・・。)

フラワー・オブ・ライフの内容が、図形の説明なしに、対話形式で書かれているような感じでもあり、以前紹介した「リ・メンバー」の内容ともかぶってきます。
(いろいろ読んでいると、結局どこかはかぶりますが・・・笑)

その本にはハトホル(アセンションした高次の集合意識)からのメッセージが書かれています。

(肉体の性別ではなく)男性性、女性性の意識バランスを取ることや、良い・悪いといった二極性の幻想に惑わされないこと、すべてはエネルギー(波動・振動)であるというようなことや、高次の存在・文明についてのことも書かれています。

エネルギーのスペクトルの中では、この三次元の世界に存在するもののうち、私達が把握できているものは1%に満たないらしく、私達の肉体は中身の詰まった固体ではなく99パーセント以上は空間、高次の存在から見ると肉体のエネルギーの場は星々からなる銀河のように見えるそうです。

エネルギー、特に地球・私達の肉体そのものともいえる聖なる元素(火・土・水・気)との繋がりを意識することも重要だそうです。

そして、感情はエネルギーであり、音、振動です。
私達の生命力そのものであるプラーナ体「カー」と結びついているので、感情を深く感じることで「カー」の振動を速め、私達を高次の意識へと向かわせる燃料になるそうです。(感情を表現するしないに関わらず、感情的にヒステリックになったりすることとは違う意味です。)

たとえ怒りや悲しみでも、抑圧すると固まります。
ある感情を感じた時、その感情エネルギーが身体のどの部分でどんなふうに振動しているのか、充分感じ、その上で自分の中心を流れる管を意識することで、カーが活性化するそうです。

すでに身体のどこかに溜まっている感情は、それを思い出し(身体のどの部分で、どんなふうに振動しているか)充分に感じて、それを思いつくままの声(音)で表出させ浄化ができるそうです。

こちらも、興味のある方は読んでみるといいと思います

そういえば・・・何度も読むといい と言われる本に「エメラルド・タブレット」があります。
トートが書いたといわれる本。
これがまた強烈に眠くなり、読み進められない本でした(笑)

私は一度買って、旅行の時トルコのホテルで夜に読んでて、そのまま忘れてきました。(笑)
翌日からエジプトだったので、もう必要なかったのかな〜と思いましたが・・・
(全部読んでないし)もしかして、また読んだ方がいいのかな・・・

yuthikaちんのブログはこちら

ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ
ナチュラルスピリット
トム・ケニオン

Amazonアソシエイト by ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉
ナチュラルスピリット
ドランヴァロ メルキゼデク

Amazonアソシエイト by フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エメラルド・タブレット
竜王文庫
M. ドウリル

Amazonアソシエイト by エメラルド・タブレット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
すべては1つ 〜楽〜 自然と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる