〜楽〜 自然と共に

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシャ・トルコ・エジプト 15日間の旅 7日目 @

<<   作成日時 : 2010/10/28 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今日も元気に5時半起きです(笑)

朝6時、外からアラビア語で、礼拝の時間を知らせる大きな声が聞こえてきました。(みんなアラビア語はわからないそうですが・・・笑)
いかにも、イスラム圏の国に来たな〜という感じ。

こんな感じで、声が部屋まで聞こえて来ました。

しかも、私には全然違和感ないというか、むしろなつかしい(笑)
ちなみにトルコの人の9割はイスラム教ですが、政教分離しており、礼拝や服装など、すべて個人個人の自由らしいです。


さて、朝食です。
毎日バイキング
朝にはあまり食欲のない私も、「私、いつも朝って、気持ち悪くて食べれないんだよね・・・」といっていたヒロリンも、旅行中は毎日、いっぱい食べました(笑)
パンだけでなく、野菜、卵など・・・色んな種類を

画像
                 Photo by ヒロリン

ヨーロッパ全般ですが、パンが日本よりもおいしく感じます
トルコの野菜も、みずみずしくて、とってもおいしかった
(食料自給率は90%以上らしいです。素晴らしい

私は旅行前にCD付きのトルコ語の本を買って、少し覚えて行ったので、トルコに入ってからは出来るだけ使うようにしてました。
そしたら、ヒロリンもなんだかハマってきて、練習するようになりました。
この日も朝から実践(笑)
ウェイターくんに「ギュナイドゥン」(おはよう)と言ったら、笑顔で返してくれました。
そして、だんだん発音講座になって、口の形や、イントネーションを教えてくれました

私達の初ティーチャー「タイフーン」くん
画像
                 Photo by ヒロリン

トルコ語って難しいし、言いにくいし、トルコでしか使えないけど、私はその響きがとっても好き
一言だけでもトルコ語を使う事で、トルコの人は結構喜んでくれて、表情や態度が変わるのも、感じました。


朝食&トルコ語実践講座?を終えて、ホテルを出発。

まずは「アンカラ市内観光」・・・・ですがアンカラ城とアタチュルク廟を、離れた道路から眺めて、終了〜!(笑)
そう、今日も移動距離が長くて時間があまりないのです

ちなみにアタチュルクとは、トルコ共和国の初代大統領ムスタファ・ケマルのことで、「父なるトルコ」と言う意味の愛称です。
死後もトルコの人々にずっと敬愛されていて、街中でもよく銅像を見かけました。
ヒロリンもどうやら、ケマルに惚れたらしい(笑)



本日の移動は約310キロ。カッパドキアに向かいます

カッパドキアは私とヒロリンが憧れて、一番楽しみにしていた所。
ついに行けます
今日まで十分に楽しんできたけど、さらに楽しみ


「世界の(バスの)車窓から」!?笑
広大な地平線が、何時間も続きます。
画像

雲が遠くまで見渡せる、こういう景色大好き。
地球の広さ、偉大さを感じて、心が広くなる。


途中、行ってみたかった場所にも立ち寄りました

トゥズ湖
画像


水面に空が映ってとても綺麗
画像


足元の白いものは・・・
画像
「塩」(トゥズ)です。


ほんと、綺麗な景色だった・・・しかもトゥズ湖は綺麗なだけでなく、とても大きくて、トルコの塩の7割を生み出すという偉大な湖です。

さて、お土産の塩を買って、トゥズ湖を出発。
カッパドキアに近づくにつれて天気が崩れ、昼食のレストランに着いた頃には雨でした。

洞窟レストラン
画像

岩の形をそのまま利用して建てられています。

カッパドキアは、ワインの産地としても有名で、ここでも売られていました。
ボトルがとっても可愛い(カッパドキアの土が使われています)
画像

真ん中のボトルのサイズが良かったのですが・・・このサイズはなぜか中がジュースだそうです(笑)
ワインが良かったので、一番小さいのにしました。
ヒロリンは(荷物が確実に20キロを超えますが)頑張って一番大きいサイズを買ってました


ここで少しカッパドキアについて…
カッパドキアの珍しい地形は数千万年前に遡ります。
エルジイェス山とハサン山の連続した大噴火により火山岩が流れ出し大量の火山灰や粘土、石灰華、玄武岩等が何層にも堆積し、それらが次第に固まり始め、100〜150cmの厚さの凝灰岩層状態となりました。
そしてその後、風や雨の影響を受けた侵食により長い時間をかけて谷や峡谷となり現在の独特な地形が作られました。(世界遺産)


さて、昼食を終えて、カッパドキア観光です。

まずはスリーシスターズ。3つ並んでるから?
画像


この後、予定ではカイマルク地下都市だけに行くはずでしたが、現地ガイドのカーンさんが「明日の方がもっと天気が悪くなる」ということで、急きょ翌日に行く予定のパジャパー、デヴレント、ウチヒサールにも行きました。

ここは、その中のどれか(笑) 記憶なし
画像


雨、しかもとっても寒い・・・意外なことに私もヒロリンも、カッパドキアに来た!という実感が全然わかず・・・喜びも感動も特になく?
お土産をほとんど買ってなかったから、買える所で買わないと焦りになる・・・ということで、お土産屋さんを見てました(笑)

トルコのお土産のデザインや、色使い、結構好きです。
これは鍋敷(陶器だから意外と高い)。使わずに飾ってます。
画像

ちなみに値段は交渉制なので、定価はないようなもの。
もちろん、あらかじめかなり高くしてると思うけど(笑)
最初に見た店では鍋敷は1枚12ドルぐらいだったかな?トルコ語で安くしてと言ってみたが、10までしか下がらず。
他の店では、最初1枚千円と言われたけど、交渉したら2枚で千円にしてくれました。
トルコ語で言ったのを、気にいってくれたみたい。
ヒロリンは違うお店でパシュミナストールを選んでいて、2枚なら安くしてくれるということで、私と1枚ずつ買いました。

さて、次はカイマルク地下都市に向いますが、この日は書くこといっぱいなので、次に続きます。


ちなmにカッパドキアのワイン気になった方、ネットでも買えます
大 375ml 高さ26センチ・・・重くてあきらめたから、欲しい・・・。

【トルコ お土産】 カッパドキアワイン (海外のお土産 トルコのおみやげ)01-575【smtb-s】
世界のおみやげ屋さん 楽天市場店
トルコの奇岩地帯、カッパドキアの岩の姿をボトルにしたトルコワイン。空きボトルは花瓶や置き物にどうぞ。


小 50ml 高さ16cm

【トルコ お土産】 カッパドキアワインミニボトル (海外のお土産 トルコのおみやげ)01-576【smtb-s】
世界のおみやげ屋さん 楽天市場店
トルコの奇岩地帯、カッパドキアの岩の姿をボトルにしたトルコワイン。空きボトルは花瓶や置き物にどうぞ。

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトル特集〜!
上から3枚目の雲の写真「線雲(も’とも読みます)は続くよどこまでも」
5枚目「神鏡」
6枚目、小さな子供が塩の浜を無邪気に走っています。
っと転んでしまいました「ドテッ!塩(え〜ん!)塩(え〜ん!)」←完成度の低さ
最後にショートコントを考えました。コチラ↓
トルコのある劇場で大阪のオバちゃんがトルコ版吉本のコントを見ていました。すると、いい感じの山場で、コント最中に頭のハゲたおじさんが入ってきて
オバちゃんの前に座ろうかどうしようかと席をウロウロ・・・そこで大阪のオバちゃんは 
「カッパ!どきやぁ!」
・・・・苦笑。以上エリコのショートコントでした。これまた完成度低すぎ・・・ 
エリコ
2010/10/30 15:01
エリコちゃん、タイトル特集&ショートコントありがとう(笑)
宮殿女性を目指すエリコちゃん・・・今日はコテコテ、ダジャレモードだったのね
幅広いっす
UNO
2010/10/31 01:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギリシャ・トルコ・エジプト 15日間の旅 7日目 @ 〜楽〜 自然と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる